繰り返しニキビはどう治す?大人ニキビと化粧水や薬の大事な話

繰り返しニキビはどう治す?綺麗になったかなと思ってもまた出来ちゃうしつこい大人ニキビ!化粧水やクレンジング、ファンデーションなどを変えるだけで変わってくる薬やコスメの大事な話とは?
ページの先頭へ
トップページ > 徹夜ばかりしていたらニキビをみつけました。

LastUpdate:2017/09/26

徹夜ばかりしていたらニキビをみつけました。

徹夜ばかりしていたらニキビをみつけました。

私はよく赤ニキビができる体質なので、少しでも肌にダメージを与えるとニキビが発生するのです。

だから、たとえ忙しい時でも、できるだけ早く寝てしっかりと睡眠時間をとるように気を付けています。

ニキビの大敵は睡眠不足だと思います。

白く化膿したニキビを見つけると、中身を絞り出してしまいます。白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのがとっても好きです。でも、5回に一回は綺麗に中身を出す事が出来ず、どうにかしてでもニキビの中身を出そうとした結果、消えないニキビの痕跡が残ります。そのニキビの後を見ると、もう白赤ニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、ニキビが白く膨らんでいるのを見ると自分を抑える事が出来なくなって、また中身を出してしまうのです。

ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20歳以上の大人は白ニキビではなく吹き出物といわなければならないなんて言われることが多いです。

先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きな白ニキビが現れたので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「もうコメドなんていう歳じゃないのに?」と、言われました。

必要以上にホルモンが出てしまうことではないかと言われています。

ですから、伸び盛りにニキビが出来てしまうのです。

ニキビを出来にくくするには様々あります。

たくさんの中の一つが、毎日同じ睡眠時間をキープする事です。

これは、イキイキとした毎日の生活に繋がります。

ニキビは誰もが素早く改善させたいものです。早めにニキビを改善させていくためにも、いじらない事が大切なことです。雑菌の付いた手で触ってしまうと、ニキビが悪化しますし、ずっと触っていると肌に傷をつけてしまいます。私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学からニキビのことで悩まされ、大人になった現在でも、よくニキビができるので、顔面のお手入れは意識してやっています。また、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。

涙ぐましいことに絶対にニキビ肌になりそうです。遺伝は恐ろしいなと思いました。繰り返しニキビができてしまう場合は、ただスキンケア商品を使うのではなく、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアが見つけなければなりません。赤ニキビが一向に治らないのは、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、化粧品が肌荒れを起こしてしまっている等、原因は一概には言うことができません。

何が白ニキビの原因になっているのかを見極めて、あなたに合うケア方法を選びましょう。

ニキビが悪化すると、芯を持ったように固い状態になって、触ると痛みを感じるといった症状になります。

ニキビが出来た場合、なんとなくその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい症状が長引いてしまうかもしれないので、パピュレのようなニキビケアのクリームやオールインワンゲルなどでケアしながら、清潔に保つようにすると良いでしょう。

特に赤コメドというものは再発のしやすいお肌のトラブルです。キレイに治ったからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、またすぐに再発します。

ニキビができないよう予防するには、肌の清潔な状態を保つようにし、暴飲暴食といった生活をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが重要なことだと思います。

ニキビをできにくくする飲み物は、ほとんど知られていません。

しかし、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、あまり飲まない方が安心です。

ニキビと肌荒れは異なりますが、肌にいけない事をすると、白赤ニキビをひどくする原因にも繋がるのです。ニキビを搾り出すと、膿がそこから出てきます。さらにギュッと潰すと中から芯が出てきます。

それが赤ニキビの原因なのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決してオススメはできません。

無理やりに潰してしまうのですから、より炎症が広がります。

ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬をつけて気長に治していきましょう。そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。実は、白ニキビには潰して良いものと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。

潰しても良いニキビの状態というのは、コメドの炎症が落ち着いて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。

そのような状態になったニキビは、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。

赤ニキビの跡としてよくあるトラブルが、肌にくぼみができてしまうことや肌が黒っぽくなることです。クレーターについては皮膚治療を専門としている皮膚科で治療を受けないと治せませんが、黒ずみに関しては美白効果のある化粧品で少しずつ薄くするという対策もあるのです。

実際、ニキビがおでこにできてしまうと、なんとしても前髪で隠そうと思ってしまいます。

ですが、それは白ニキビの悪化を招くことにもなるので、できるだけ前髪で隠すといったことはやらずに毛髪がニキビに直接触れないように刺激を与えずにいることが重要です。ひどいニキビに悩まされているからといって洗顔をあまりにし過ぎると、必要なはずの油脂までも落ちてしまい、かえってニキビの原因となってしまいます。

多く洗うとしても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。大切なのは十分に洗顔料を泡立て、肌に直接手を触れずに、泡を使って顔を洗うということ、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。

保湿美容液には、プロアクティブなどに合うものを選びましょう。

なぜ赤ニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥が含まれています。ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?とびっくりしている人も多いかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それが原因でニキビができてしまうのです。自分で出来るコメドへの対応は、どれほど眠くてもメイクは絶対に落としてベッドに入ることです。メイクを施すことにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌を一休みさせてあげたいのです。

化粧落としにも気を使っています。

オイルで落とすタイプやシートで拭うタイプなど様々なものを使ってきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。

毎日洗顔などで清潔な状態にしていても、コメドができてしまうということは誰にでも経験があると思われます。

ニキビ予防の方法は、清潔にするため洗顔などに気を配るのはやって当然ですが、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった体調の管理も重要になってきます。冬は乾燥に注意して色々と皮膚のお手入れをしますが、そのようにすることが反対に吹き出物が増加する要因になっているように感じるときがあります。普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することが素肌への刺激になり、毛穴や炎症を生じさせて、白ニキビが出来てしまう場合があるそうです。パピュレといったニキビのケア用の洗顔料や化粧水など、白ニキビに効果的と謳われている商品が薬局などのお店で販売されています。

しかし、たくさんあるので、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは至難の業です。

お試しのサンプルなどがあれば試供品を使ってから自分のスキンケア用品として合っていた場合に買うというようにするといいのではないでしょうか。

2012 繰り返しニキビはどう治す?大人ニキビと化粧水や薬の大事な話 All rights reserved.